« 読書の秋 2008 9日目 ~江東の暁~ | トップページ | 読書の秋 2008 11日目 ~くままごと~ »

2008年10月22日 (水)

読書の秋 2008 10日目 ~永沢君~

スピードアップしたいけど仕事がちょっち詰まってきた今日この頃です。

P1010140

「永沢君」
全1巻
さくらももこ


永沢君といえばたまねぎ頭のあいつです。
今回はその永沢君を主人公にした冴えない中学生たちの日常物語です。
現代的用語でいえば「スピンオフ作品」というやつですね。

小学生から中学生にかわって、決定的に違うところはクラス内のグループの塊がより強く、メインの人物とサブがより明確になっているところ、そして恋愛感情がより中学生独特の抽象的になり、メイン人物にまで関わってくるというところかと。
城ヶ崎の永沢に対するアプローチとその報われなさは脇役なのに主人公らが持たない明るいギャグセンスとして成立しています。
そいや、城ヶ崎、野口、小杉はこっちのほうが元祖よりも登場が先なんだってね。

コジコジほどのサイケセンスはないものの、作者独特の感覚はよくでている作品だと思います。

« 読書の秋 2008 9日目 ~江東の暁~ | トップページ | 読書の秋 2008 11日目 ~くままごと~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537178/24383910

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋 2008 10日目 ~永沢君~ :

» 意外と地味なキャラが一番モテる!? [意外と地味なキャラが一番モテる!?]
主役ではないのに、特にかっこいいとされるキャラ配置でもないのに、なんか好きになってしまうキャラ。たいていコアなファンがつきます・・・わたしのように。 [続きを読む]

« 読書の秋 2008 9日目 ~江東の暁~ | トップページ | 読書の秋 2008 11日目 ~くままごと~ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ