« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月 8日 (月)

冬の料理講座 ~鍋と年越しそば

ふと思い立ったので料理講座。

○山形式白菜鍋
 鍋を模索しておられる人へ
 白菜鍋お勧め。
 材料
   白菜・・・・・適量
   豚肉・・・・・適量
   酒・・・・・・・コップ半分
   水・・・・・・・適量

 作り方
   1.白菜・豚肉を食べやすい大きさに切る
     なお、豚肉は豚バラが好ましい。なければほほ肉など脂が出る部位にすること
   2.鍋にコップ半分くらいの水を入れる。鍋のそこに少し水がはるくらいでOK
     そこに白菜→豚肉→白菜と層になるように敷き詰めていく
   3.ふたをして、弱火で10~15分煮る。そこの白菜が焦げ付かないように時々箸で底のほうを動かす
   4.沸騰して、白菜から水分が出てきたら酒コップ半分を入れてふたをし、中火にして10~15分さらに煮る
     中間くらいで一度だけ底のほうの白菜を上に来るようにひっくり返してもよい
   5.出来上がり。ポン酢に鍋の白菜汁をまぜ、薬味に大根おろしやしょうがを入れて食す

 白菜鍋というのは一般的な料理であるが、一応これ漫画めし。
 柳沢きみおの「大市民」シリーズの定番料理で、山形式というのは主人公の山形鐘一郎にちなんだものであります。
 

○年越しそば
 年越しそばをこれから作る人も多いと思いますが、市販のそばでも手間をかければレベルが上がります。
 
 1.鍋は大きめの鍋、多めの湯でゆでる
 2.火にかける際に、火を鍋の中心から少しずらして、対流を作りやすくする
 3.ゆでてるときに箸で強くかき混ぜない。自然の対流に泳がせるくらいがよい
 4.ひとつの鍋に時間差でそばを入れない←ここ重要
 5.茹で上がったら一度水で洗って表面のぬめりを取る。
 6.つゆは市販の濃縮タイプでかまわないが、絶対に沸騰させない←ここ重要
   あったかいつゆを使う場合は、鍋にお湯とつゆをいれて沸騰させないように温めるか、あらかじめ温めたお湯を器でつゆと混ぜるようにすること
(吸い物や味噌汁など和食の汁物は沸騰させると風味が飛ぶのでやってはいけない)

全部やれればいいけれどもこのうちいくつかに気をつけるだけでOKです。


たまにはレシピとかあげてみるかなぁ

2008年12月 4日 (木)

12月の目標

裏家業もひと段落して、最近家での生活がgdgdになってきたので、(家のPCでやってたことが仕事の合間にできるようになった)
三国志検定に申し込んだこともあるし、今月は三国志漫画なぞを読み漁ることに決定した。
ただし、webコミック媒体のものはいったん除く。
暇ができたらなんか思うことを書くかも。
というわけで、いろいろと三国志漫画を調べてみた。

wiki先生による三国志漫画

他にもまとめているところはあったと思うが、だいたい同じ書籍しかなかったので割愛。
ただ、wiki先生も完全ではなので、自分の持ってるネタも合せてみる。
以下未読作品

上記wikiに記載してあるもの
・コミック三国志マガジン
 雑誌媒体は休刊し、webコミックに移動。連載分は単行本化しているものもある。
 ・雲漢遥かに
  趙雲漫画。単行本が1巻でてるので、機会があったら呼んでみたい。
 ・三国志群雄伝 火鳳燎原
  司馬イの目線を中心にした三国志漫画。7巻まで。

・一騎当千
 僕の頭の中の三国志漫画の定義として「三国志の時代をもとにしてあれば三国志漫画」というものがあった。
 正直これを頭の中の三国志漫画のカテゴリーに入れることはなかったはずなのだが、タオテンを面白いと思ったときに「本来の三国志との因果関係」も三国志漫画の定義に含まれたらしい。
 wikiであらましをなぞると、これも三国志漫画にカテゴライズされるようだったので、よんでみる。確か鯖さんちにあったよね。

・恋姫†無双
 これはエロゲ版をプレイする。3年ぶりくらいのエロゲだと思う。

・蒼天航路
 今まで読まなかった理由は、正史・魏中心ということであまり興味がなかったこと、巻数が多く一気読みする時間がなかったことなどがある。金立の部屋にあるのでこれは今読んでる最中。

・太陽の黙示録
 かわぐちかいじのアレ。一応人物やストーリーに三国志をモチーフとしていてるらしいのだが、三国志との因果関係はないので、今回はスルー。

・DRAGON SISTER! -三國志 百花繚乱-
 そういえば、聞いたことがある程度にしか思ってなかった。機会があれば読んでみるけど、これ誰が持っているだろう?

・ブレイド三国志
 一度立ち読みをして、途中くらいで挫折した。リベンジをしてみようと思う。

・まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん
 金立のところにあったので読んでみたが、これ三国志とまったく関係なかったので、読まなくてもいいみたいだ。

・ランペイジ
 一度読んだことはあったけど、右から左に抜けたみたいでいまいち思い出せない。改めて読み返してみようと思う。

・三国志漫画劉備くん
 webコミックなのでスルー

・龍狼伝
 今回はこれがラスボスだと思う。リアルタイムで序盤は読んでたけど、まだ続いているみたい。一応読むリストには追加しておこうと思うが、誰か持っている人がいれば。


wikiに記載してあるもの以外
・三国志列伝破龍
 長池ともこの三国志漫画。1話完結形式で、「三国志における男と女」を中心に恋愛タッチを多めに含んだ少女漫画。秋田書店プリンセスコミックは侮れない。

・諸葛孔明 時の地平線
 諸葛の幼少期から没までの話。戦よりも政治的な側面が多く、他の作品では超人的な能力(ビーム出すとか)や存在が神格化されている諸葛と違い、あくまでも人間という部分が強いみたい。

・三国志艶義
 エロ漫画。流し読みはしたことあるけど、あいかわらず右から左だったみたい。機会があれば読んでみよう。

・JOKER
 女媧。三国志に中国古代の神々を入れてみましたな作品。作品自体は長くないので、見つければさらりと読めるはず。

・志水アキ三国志連作集
 作者、志水アキの三国志短編漫画の詰め合わせ。黄忠、鍾会、猛獲、簡雍、甘寧といったちょっと脇役にそれたキャラクターが主人公として書かれている。三国志中級者以上向け。

・覇王の剣
 週刊マガジンに連載してたもの。長期連載を狙ったらしいが打ち切りになったみたい。

・さんごくし
 週刊チャンピオンに連載してたもの。金立いわく、「本宮系らしい」とか。

あと、できればこれにも目を通してみたい。

思ったよりも読んでない本があんだなぁ。
これがなんの役に立つかといえば、ラジオのネタとして使える程度ですけどね。
だらだら生きるよりは、だらだらと本を読んで生きるほうがいい。

・・・・・あれ?

2008年12月 1日 (月)

読書の秋 2008 31日目 ~ゲーメストムック ギャルズアイランド2~

10月終わって残り6冊くらい。
それを消化するのに1ヶ月かかるのはどうかと思うが、そこらへんは勘弁していただきたい。


P1010162


「ゲーメストムック ギャルズアイランド2」

アーケードゲームに登場する女性キャラにスポットを当てたムック本ですね。たしか5まで出ていたと思います。
この時期は表紙のとおり格闘ゲームが黎明期。春麗を代表する格闘ゲーム女性キャラを筆頭にワルキューレ、アテナなどの長年愛される古参キャラ、パステルなどこれからてこ入れされるキャラ、果ては背景などのモブキャラまで取り上げられています。

まぁなんだ。

嫁さらしをしていた人々の嫁がここに詰まっている本と思ってもらえればいいと思います。

・・・・・というオチで10月締められればよかったのですが、時期を過ぎた。


というわけで今年の本晒しはおしまい。
もう来年は本当にやりません。

反省会は気が向いたら。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ