« 12月の目標 | トップページ | 年はすでに明けています »

2008年12月 8日 (月)

冬の料理講座 ~鍋と年越しそば

ふと思い立ったので料理講座。

○山形式白菜鍋
 鍋を模索しておられる人へ
 白菜鍋お勧め。
 材料
   白菜・・・・・適量
   豚肉・・・・・適量
   酒・・・・・・・コップ半分
   水・・・・・・・適量

 作り方
   1.白菜・豚肉を食べやすい大きさに切る
     なお、豚肉は豚バラが好ましい。なければほほ肉など脂が出る部位にすること
   2.鍋にコップ半分くらいの水を入れる。鍋のそこに少し水がはるくらいでOK
     そこに白菜→豚肉→白菜と層になるように敷き詰めていく
   3.ふたをして、弱火で10~15分煮る。そこの白菜が焦げ付かないように時々箸で底のほうを動かす
   4.沸騰して、白菜から水分が出てきたら酒コップ半分を入れてふたをし、中火にして10~15分さらに煮る
     中間くらいで一度だけ底のほうの白菜を上に来るようにひっくり返してもよい
   5.出来上がり。ポン酢に鍋の白菜汁をまぜ、薬味に大根おろしやしょうがを入れて食す

 白菜鍋というのは一般的な料理であるが、一応これ漫画めし。
 柳沢きみおの「大市民」シリーズの定番料理で、山形式というのは主人公の山形鐘一郎にちなんだものであります。
 

○年越しそば
 年越しそばをこれから作る人も多いと思いますが、市販のそばでも手間をかければレベルが上がります。
 
 1.鍋は大きめの鍋、多めの湯でゆでる
 2.火にかける際に、火を鍋の中心から少しずらして、対流を作りやすくする
 3.ゆでてるときに箸で強くかき混ぜない。自然の対流に泳がせるくらいがよい
 4.ひとつの鍋に時間差でそばを入れない←ここ重要
 5.茹で上がったら一度水で洗って表面のぬめりを取る。
 6.つゆは市販の濃縮タイプでかまわないが、絶対に沸騰させない←ここ重要
   あったかいつゆを使う場合は、鍋にお湯とつゆをいれて沸騰させないように温めるか、あらかじめ温めたお湯を器でつゆと混ぜるようにすること
(吸い物や味噌汁など和食の汁物は沸騰させると風味が飛ぶのでやってはいけない)

全部やれればいいけれどもこのうちいくつかに気をつけるだけでOKです。


たまにはレシピとかあげてみるかなぁ

« 12月の目標 | トップページ | 年はすでに明けています »

料理」カテゴリの記事

コメント

おぉ、ありがとうごぜーますだ。
とりあえず明日試してみます。

料理は手軽で美味い、野菜が摂れれば言うことなしですわ。
そういう意味で鍋は最高です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537178/26021052

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の料理講座 ~鍋と年越しそば:

« 12月の目標 | トップページ | 年はすでに明けています »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ