« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

お金がないのであきらめは早い

プラモ作りは多分あと5・6体くらい作ったら積んでる分終わりになります
あと追加で10体ほど必要だったのですが、給料日前でお金がないので本年のマラソンはあきらめることに
まぁ、ちょぼちょぼ作ったらそんとき晒す方向でいこうかと思ってます

・風原さんとラブプラス
 終わりのないゲームに見切りをつけるには自分で終わりを作らなければいかんということでギャラリーコンプを目標にしました
 それでも季節の概念があるので最低1年は続けていかなければならないという状況ですけどね
 そんなわけでリンコだけプレイしても終わらないのでねねさんとオッスもプレイ
 まず当面の目標は秋に発生する夢イベントの消化です
 それが終わったら友達モードでのCG回収なんで大分楽です
 日曜は南市民で大会だったのですが、2時と5時にデートを予約してうっかり2時のデートを終わらせずにレンストしてたら5時5分前に焦る始末
 今のところ回収は順調です

 それと、コンプするために「童貞野郎におけるホットドッグプレス」こと公式ガイドブックを買いました

・風原さんと三国志
 証3を現状維持
 この前ラジオ向けのリハビリも出来たしラジオがんばろう
 問題はパーソナリティーの鯖さんと金立がまともに三国志やってないことくらい

・風原さんと南市民
 12月は会場が取れなかったんで、11月22日で今年の南市民は終わります
 1月は公式大会
 10日の日曜日に広めの会場をとれたので50人くらいはいけると思います
 タイムスケジュールとかはまたこれから決めます

・風原さんとレンスト
 コマンダーに関してはまずこれだけは言っておく
 見ない! 聞かない! 認めない!
 福岡では知らぬ存ぜぬで進めていこうかなと思ってます
 そろそろクロスギャザーは何が失敗だったのかを論じてみようかと思います

2009年10月21日 (水)

たまにはプラモ以外の話

なんか本当に気分が乗りません
この前は金立も徹マンでいなかったんで一人で深夜飲みをしていたら5時間ウォッカを飲み続けてました
つまみは乾き物と呪怨のDVD
炭酸さんがブログに書いてたんで見よう見ようと思いつつも貸し出し中でやっとこさ見れました
ボクはみひろ目当てじゃないですよ

・呪怨 白い老女
 呪怨シリーズの基本軸になる「伽椰子」事件を表面からなくし、元祖ビデオ版のリメイクとして作られた作品
 「一家惨殺」「呪いの家」というキーワードは継承している

 正直見所はみひろのキスシーンと一家惨殺シーンくらいで肝心の怨霊白いババアはギャグでしかない
 バスケットボールもって走るババアに大爆笑
 このババアは一応監督の別の作品が初出のようで、つべとかニコで「姿見」で検索すると出てきます
 いくつかの不審点があって見終わった後のモヤモヤ感ったらなかった
 まず惨殺の動機、霊的何かなのかただのノイローゼなのか
 あと一応主演の南明奈が襲われないので空気すぎる
 たぶん主人公はゲキレッドでよかったんだと思う
 
・呪怨パンデミック
 ハリウッド版呪怨2作目。ハリウッド1作目の直後から話は始まる
 伽椰子の家に入ると呪われる→家に入った外国人女子高生が帰国→伽椰子世界へ
 無言のフライパンや携帯電話など演出に日本版を周到している部分があって素敵だった
 日本版にはない伽椰子の過去なんかがあったけど酒のせいで途中覚えてない
 酒のせいで吹き替えにしてながしてたんだけど、声が芸人でげんなり
 金髪女子高生のシャワーシーンとかあるものの、
 声は 森三中 です
 その他ハリセンボン、まちゃまちゃとメインキャラが誰得ラインナップ

・呪怨 黒い少女
 後日白を返しに行ったら見つけたので借りてきた
 「伽椰子のような存在と肉弾戦」を継承したけども呪いの法則性を無視したら大変なことになった
 見所はキバが壁に頭ぶつけられる所と少女のすごい貫手
 ゲキといいキバといい特撮組は大変ですね
 メインストーリーはピノコの無念が呪いとなりなぜかエクソシスト展開
 だいたいあってる
 一応主演の加護はなぜ呪われてしまったのかさっぱりわからないくらい物語に絡めなくてすごい空気
 ほんとどうすんだこれ


呪怨の楽しみ方はやっぱり並べ替えクイズだと思いました
オムニバス形式に変化する物語を時系列で並べるとすっきりします

秋2009 ~積み木崩し~ 14体目

やばい
なんか動画とかプラモとかラジオとか本気でやる気が出なくなりました
週末でリフレッシュします
土曜日はカラオケ号令だ!

今日も官渡セット
曹操ガンダム
曹操は三国志の主人公格の一人で、中原の覇者、乱世の奸雄、人妻大好き、天才の青田買いで有名
三国志には珍しく内政や文化にも力を入れていた描写の多い人物です
演者はダブルエックスです

P1000220
軽装体

P1000221
武装
足と襟にもパーツが付く

P1000222
背中にはマント
もう一組マントがあればX状でXらしくなる

P1000224
マントは背中以外にも取り付け可能
片方の腕につけてガンダムローズ風味
クリアパーツにしてはかなりカラーバランスが良いキットです

三国伝シリーズはこれで今積んでいる分は消化完了
次回からは武者列伝シリーズになります

2009年10月19日 (月)

秋2009 ~積み木崩し~ 13体目

月曜の朝から原付盗まれてテンション↓
一週間生きるのが辛い

P1000216
今日は魏軍
曹操と司馬イのセット
タイトルの官渡の戦いは曹操軍と袁紹軍の中原統一タイトルマッチです

今日は司馬イ
司馬イは諸葛のライバルとして三国志後半の魏の軍師として活躍、その後司馬一族は魏を転覆させ三国を統一、晋を建国します
三国伝では司馬イは反董卓連合時代から曹操軍軍師として存在していますが、実際の三国志だと董卓時点での司馬イは12歳くらいです

P1000217
軽装、というか軍師形態
サザビーなのに白カラーというのが特徴

P1000218
武将形態
鎧がついて兜にちょっと変化
武器は合体する扇と剣
ただし、手の形状が片方武器を持たせられない仕様なので二刀持ちは別の武将の手が必要

司馬イは本当にギミックがないのでここまで

2009年10月17日 (土)

秋2009 ~積み木崩し~ 12体目

義兄弟セットもコレでラスト
最後はもちろん関羽です
後に商売の神様、関帝聖君として横浜をはじめ日本でもいたるところに祭られています
福岡にも親不孝どおりに関帝廟があります

P1000211
鎧つけることが前提の体と足の鬼の顔が大きくて軽装はかっこ悪いです

P1000213
関羽、周倉、関平の関羽隊の鎧には鬼の装飾が特徴です

P1000212
関羽の有名武器青龍円月刀
これも結構のナガモノ

P1000214
兜正面の飾りは付け替えで下にスライドして仮面みたいになる
クリアパーツなので仮面の下の目がゆがんでちょっといまいち

これが三国伝の最初期のキットです
これが次第に変化してドムにたどり着きます
ドムおかしい

2009年10月16日 (金)

秋2009 ~積み木崩し~ 11体目

今回も義兄弟セット
張飛です
張飛は義兄弟の一番下っ端で、無鉄砲な暴れ者、その上酒乱でそれが原因で呂布に城とられるとか「強いけど馬鹿」という印象がありますが、意外と頭はいいほうで、時々はきちんと作戦を考え成功させたりしてます
知力は4か5くらいです
ちなみに、張飛が呂布の城から馬500頭くらい強奪するエピソードがあるのですが、当時の馬1頭分の金額は劉備が地方の役人だった頃の給料1.2か月分くらいだそうです

馬鹿豪傑という印象のため大柄で太り気味な絵をかかれることの多い張飛ですが、演者はスマートなZガンダムです

P1000207
体の各部の色分けがされているので劉備よりは普通にしてても映える感じです
この時期は各部パーツの互換性を強調しているので、手の部分は他の武将にない独特の形状になっています

P1000208
鎧の特徴は各部左右非対称になっていることと細々とした装飾がされている所

P1000209
背中。バックパックには武器に装着する謎の羽
兜にあたってバランスつけにくいです

P1000210
張飛の武器といえば蛇矛
結構ナガモノです


義兄弟クリアパーツキットはこれが一番ディスプレイ映えのするものなんじゃないかなぁと思います

2009年10月15日 (木)

秋2009 ~積み木崩し~ 10体目

今回からはシリーズ初期のキットになります
この頃は変形や組み替え遊び等を押さえ、可動部分の範囲と強度、そしてパーツの互換に重点を置いた仕上がりになってます

P1000196
桃園の誓いセット
劉備、関羽、張飛の義兄弟をフルクリアカラーにしたセットです

今日は劉備
通称ホンタイさんです
このときはまだランナー名はリュウビガンダムでした
P1000199
結構カラフルなパーツ

P1000200
軽装体
白のクリアが多くて残念な状態に。墨入れ必須

P1000202
武装体
やはり顔周りには墨を入れて影を作らないと残念な出来になってしまう
武器は通常の刀2本と龍帝剣の3本

P1000203
背中に刀は収納可能

P1000205
P1000204
背中の炎は上下する

派手なギミックはないものの、このオーソドックスで飾りのないキットは過去のBB戦士キットを三国伝体系に加工する際の素体や、フルスクラッチでキット化しない三国武将を作るための素体として大人気です
ホンタイさんは伊達じゃないです

秋2009 ~積み木崩し~ 9体目

引き続きレッドクリフセット
片方の孔明リ・ガズィです
孔明は三国志の名軍師として演義では風を吹かせるなどの人知をこえた芸当をする人物となり、その後の作品でもほとんど人外の神・変態クラスの人物にされています
でも実際は劉備が死ぬまであまり軍議に参加しなかったようです
内政と外交には優れた人材なんですけどね

P1010270
軽装体
青と白がベースのリ・ガズィがこんな色に

P1010271
武装体といっても軍師なので軍師モードといったほうが良いか
この手の形は書簡を持つためのものなのですが、この形状のやつは他の武将にないタイプです

P1010272

P1010273
オプションは書簡と扇

P1000194
扇は鳥形のサポートメカに変形
キットには軟質のプラ棒が付いていて、サポートメカのスタンドになります

P1000195
もう一方は曲げて孔明の背中に
プラ棒をうまく調整しないとバランスを崩す

まだこの時期のキットはそこまでプレイバリューのあるほうではないので語る部分は少なくなるんすよねぇ

秋2009 ~積み木崩し~ 8体目

今回からはセット等の大型キットを作成
複数体セットは武将ごとにカウントします

P1010253_2
周喩と孔明のレッドクリフセット
レッドクリフのコラボ商品です
限定商品なのにまだ売ってるよ!
そりゃあこの色合いじゃあ・・・・・・

P1010258
周喩ヒャクシキ
前回のやつとキット自体は同じ
今回はツインアイのシールを貼ってみた

P1010261
白のパーツがパールホワイトに変更
通常の白プラよりも白銀らしさがでてこの点は評価

P1010262
P1010263
P1010268

前回と同じキットなんで今回は手抜きだ!

2009年10月14日 (水)

秋2009 ~積み木崩し~ 7体目

今週の金曜は定例会欠席かもしれません


P1000162
今回は周喩ヒャクシキ
周喩はいわずと知れた呉の大都督、赤壁大戦での功績が大きいのですが、火計を思いついたのは諸葛も一緒だし、勝利の鍵となった苦肉の計は黄蓋の提案だし・・・あれ・・?・・周ちゃんいなくても・・・・


P1000163
軽装体
目の部分のシールはゴーグルタイプとツインアイタイプがあります
今回はゴーグルアイ

P1000164
武装体
呉の君主と都督系武将はクリアパーツが恒例みたい
呂蒙にも陸遜にもあったし

P1000165
P1000166
武器は弓と剣
剣はありと大きめです

P1000167
周喩のオプション兵器「天雷火砲」のパーツ
メガバズーカランチャーです

P1000168
天雷火砲完成
砲身が長い


これで三国伝レギュラーサイズの箱は終わり
これからは大型箱に突入します

2009年10月12日 (月)

秋2009 ~積み木崩し~ 6体目

P1000181
今回は9月発売のレギュラーリリース最新のキット
太史慈ドムです

太史慈は呉の武将で孫策と一騎打ちの末孫策の部下になったという猛将です
その後の援兵の約束エピソードも有名です

P1000182
軽装体。鎧の差があるので上半身がちょっと寂しいですが、顔周りの赤枠とかかなりいい出来です

P1000184
武装体。武器は棍棒。3本が合体して長くもなる
この太史慈自体に特殊なギミックはないんですが、オプションのサポートメカが隠れた主役になります

P1000185
ヴァルヴァロだぞ!
ドムのオプションがカニ!
一見不思議な組み合わせです

P1000186
装甲バリエーション。基本形態

P1000191
装甲バリエーション。鋼鎧形態
もうドムじゃありません
ここで注目したいのはこの鉄仮面

P1000187
この兜を裏から見ると
P1000189
こう。兜を反対につけると鉄仮面になり、開いている隙間からモノアイが覗くようになります

このドム、さらに変形します

P1000192
仰向けに寝かせてちょっと頭と腰を反転させて

P1000193
ヴァルヴァロだぞ!


なんつーか、ここまでくるとわけがわかりません
今後のキットのハードルが高くなってきている感じですね
この発送をもう少し外伝連中にも分けてあげたら良いのに・・・

秋2009 ~積み木崩し~ 5体目

週末は熊本に行って渋滞に巻き込まれてきました
熊本なんかでなきゃよかった

もう少しで三国伝のレギュラーサイズの箱が終わります
今のところあとは三国伝の大型キットと武者烈伝のレギュラーです

P1000169

今日は黄忠ガンダム
黄忠は蜀の五虎将の一人で「老いて尚益々盛ん」で有名な老将です

そして演者はスーパーガンダムです
キット化はされてませんが魏延マークⅡも存在していて、色が黒なだけで黄忠とほぼ同じというデザインです
黄忠を元に魏延を作ればいいさと公式でも紹介されてましたが、手抜きです
バーザム意匠を入れたやのけん版ならまだよかったのに

P1000170
それはさておき組み立て
軽装体。関羽と違い髭はマスク部分と一体化しています
腰の部分が左右非対称なのが特徴です

P1000171
武装体。黄忠は弓の名手
鎧も左右非対称。ここまではただのマークⅡです

P1000173
サポートメカ。Gディフェンサーに該当するやつです
ちなみに、
P1000172
黄忠の足の裏には穴が開いていてメカに乗ることが出来ます

P1000174
龍を二つに割って方に装着
右目の「老眼スコープ」は脱着可能。しかしいくらなんでも老眼スコープはないと思います

P1000176
背中には矢が3本セットできるホルダーがつく
コレのせいでちょっぴりバランスが悪い。後ろ体重

P1000177
組み替えバリエーション。肩に装着する

P1000178
組み替えバリエーション。でかい弓

P1000179
後ろ側は反発防止のアンカーがおりるようになってます

600円定価でこのプレイバリューはかなりの進歩だと思いました

2009年10月 9日 (金)

秋2009 ~積み木崩し~ 4体目

11月上旬に東京行こうと思うんだけど、なんかいいイベントないかしらね?<挨拶

さてと、今日もプラモ作ります
P1000158

アジアのほうで発売され日本では発売予定のなかったジオラマ向けの一般兵です
日本での発売がwebアンケートによって決まったという経緯があります
三国伝のイベント用ジオラマでも100体くらい使ったやつがありました

1箱に色違いの兵士が3体入ってます
P1000159
ランナー
これで1体分です
稼動部分は肩から胴体の部分と足首部分のみですが、思っているよりも細かなバランスが取れます

P1000160
説明書は箱の下
全種共通

P1000161
完成
各武将武器と盾が標準
盾は連結可能で横に広げられます
あと、背中の槍みたいな棒には紙製の旗を貼り付けます

こいつらにはこれといったギミックはないので今日はコレで


2009年10月 8日 (木)

秋2009 ~積み木崩し~ 3体目

動画作成とプラモ作りで結構一日が潰れていきます
週末レンストのデッキは全く触っていません

今日の武将はこれ
P1010300
馬超ブルーディスティニー

馬超といえば西涼地方のバトーさんとこの息子さんで曹操軍に馬一族が敗れた後はお米宗教にて食客をやった後蜀軍に入り、五虎将軍に任命されるほどの武将です
ちなみに武力スペックは呂布クラスと伝えられています

馬超は特有ギミックとして暴走モードへの変化があります
ブルーディスティニーのエグザム暴走なのですが、目の部分が変わります
P1000156
組み立て前
目の部分が回転式になっていて頭のつまみで目の部分を回します

P1000157
軽装体
目の部分にはクリアグリーンがつけてあります

P1000148
通常武装体

P1000149
暴走モード
馬超は闇の血の一族の末裔らしく、闇の力が暴走するとこうなります
公式で「馬超病」と名づけられました
目が赤く変化、肩の龍が頭に付き、髪が逆立つ

P1000151
武器は槍と剣、盾、あと腕に装着する刀
これらは合体してでかい槍になります

P1000155
正直ごてごてしてて装備させにくい

劉備がいなくなった後、主人公として登場した馬超ですが、諸葛はパワーアップして役者が変わるわ劉備と一緒に行方不明になった曹操は息子と部下からパーツもらってパワーアップするわと存在が危うくなってる状況です
もうすぐシリーズ終わるのにどうするんだろう

2009年10月 7日 (水)

秋2009 ~積み木崩し~ 2体目

今日はこれ
P1010287
陸遜ゼータプラスです
三国伝開始からイラスト、キット案は作られていたけれどもタイミングの都合先延ばしになった武将です

陸遜といえば呉の豪族の家系で呂蒙の後を継いだ大都督です
主な功績は関羽討伐戦に参加、夷陵の戦いで指揮をとり劉備を撃退あたりで、正史では諸葛レベルの評価をされています

ちなみに演者のゼータプラスはアムロ専用タイプです


P1010295
軽装体。ほとんど白のベースカラーにちょっぴり赤のアクセント
今度墨入れで陰影をつけます
三国伝の軽装体はほとんどの武将作りが同じです。足の太さでちょっとパーツが違うくらいのものなのですが、陸遜は足の作りが異なります
P1010290
足が
P1010293
つる。
足の甲を伸ばすことが出来ます
これは可変型武将である陸遜オリジナルです

P1010297
武装体
兜額と肩のクリアブルーがワンポイント
武装は戟と盾
盾は背中のマントと組み合わせて飛燕形態にチェンジ

そして陸遜特有のギミック「飛行モードへの変形」
P1010298
足をまげて土下寝
ここに飛燕パーツをとっつけると
P1010299
こうなる
兜、肩、腰にとっつけるだけ
三国伝の武装パーツはある程度他の武将にも付け替えが出来る仕様なので、腰と足を陸遜にしてしまえば大抵の武将が飛行形態にモードチェンジ可能

実際作ってみるとたいしてすごいことをしているわけではないというのはわかりますが、BB戦士で変形専用のパーツを使わずに可変させる工夫はグッときます

秋2009 ~積み木崩し~ 1体目

ルール
・一つのテーマで記事を31掲載する

今年の走者
とどさん(フェティシズム)
リーダー(嫁晒し)
・風原さん(プラモ崩し)

兄貴もネタがないって言ってたんで正直今年は一人で走るつもりで考えていたんで完全に出遅れました
がんばって追いつきます
というわけで今年は積みプラモ31体くらい崩します
足りなくなったらまた積みます。本末転倒です

まずはBB戦士の現行シリーズ「SD三国伝」から

P1010285_2

周倉です
三国志演義にのみ登場する武将で元黄巾兵、後に関羽の部下になる人物
関帝廟には関羽の従者として祭られてます
架空の人物なのをいいことに、赤兎馬と併走できるくらい早いとか、馬を担いで100里は走れるとかそんな不思議設定に。これはひどい

演者はドーベンウルフ
関羽ZZ、関平スペリオルと並べて関帝廟を作るとセンチネルチームに

Image011

ドーベン軽装体
この時点ではドーベンらしさはほとんどないです
そしてこのドーベン、今はめっきり見ないホンタイナンバーです
(ホンタイ・・・劉備ガンダムの首から下を素体として鎧やパーツで別武将にするという流用システムにより劉備ガンダムのランナーパーツが一部「リュウビガンダム」から「ホンタイ1」に変更された。これにより劉備自身ホンタイさんと呼ばれるようになる。ホンタイ1は関平と周倉、後に司馬イサザビーがホンタイ2としてチョウコウザクⅢに流用された)

P1010279
鎧をつけるとドーベンらしく
ドーベンはななめ45度角度が一番よい

P1010282
P1010283
武器は背中の2つの刀と大斧

P1010284
これを合体させて三連斧に変化
ここらへんから複数武器の組み合わせでプレイバリューを上げる仕組みが多用されるようになります


ちなみに、ホンタイさんの顔パーツをそのまま使うとマークⅤ仕様にもなりますが額の劉の文字がちょっと邪魔です

こんなかんじでやっていく予定ですがカメラの機嫌が悪いときがあるんで今度別のカメラに変える予定です
さて、家にあるストックはあと15体ほど、足りなくなったら何作ろうか

2009年10月 3日 (土)

動画作成が楽しい

普段大戦動画で使わない編集作業を覚えるのは楽しいです
それはさておき、次の動画の曲をスマトラ警備隊にしようと思ったら時事ネタになってしまったでござるの巻

・今月のマラソン
まさか自分以外の走者がいようとは!
しかもテーマが実に興味深い
ぜひ最後まで走りきっていただきたいものです
自分は作成→撮影→記事にするんでまとめて更新になりそうです

・今月か来月のきゅうりレジャー
水月さんと競馬やろうぜ!ってことになりましたのでギャンブル系の方々には今度詳細報告します

・大戦
大尉昇格!
これで天国社品位脱出レースから抜け出せました
今証2。品位よりもあがりやすい仕様なんでしばらくは大尉でいられるかも

・11月くらいに
東京成分を補充したくなってきた
もしかしたらぶらりと東京に遊びに行くかも

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ