料理

2009年9月 3日 (木)

5月のレシピ

5月の料理レシピ
基本的に大人数想定で分量なんかはかなり適当にしたんでほぼ適量表記

・イタリアンサラダ
○材料
  トマト・・・適量
  たまねぎ・・・適量
  モッツァレラチーズ・・・適量
  イタリアンドレッシング・・・適量
○手順
 1.トマトは湯むきして賽の目切り
 2.たまねぎは薄くスライス  辛味が気になるなら水にさらす
 3.1.と2.をボールに入れて、一口大に手でちぎったモッツァレラチーズを入れてドレッシングを絡める
 4.冷蔵庫で冷やす

・ねぎ豚ポン酢
○材料
  長ネギ・・・適量
  豚バラスライス・・・適量
  ポン酢・・・適量
○手順
 1.長ネギはねぎまに使うくらいの一口大の長さに切る
 2.長ネギに豚バラを巻く
 3.2.をレンジで豚肉に火が通るまでチン それぞれをくっつけると火が均一に通らないので注意
 4.ポン酢をかけて食べる

・ひき肉の稲荷煮
○材料
 ☆タネ
  ひき肉・・・適量
  にら・・・適量
  しいたけ・・・適量
 油揚げ(稲荷あげ)・・・適量
 だし汁・・・・適量
 醤油・・・・少量
 みりん・・・少量

○手順
 1.しいたけ、にらを細かく刻んでひき肉とあわせる
 2.稲荷あげに1.をつめる
 3.鍋に2.を並べてだし汁、醤油、みりんを入れて煮る

・皿餃子
○材料
  ☆タネ(上記稲荷煮のときと同様)・・・・適量
   餃子の皮(四角の春巻き皮でもよい)・・・適量
  中華スープ・・・適量
  片栗粉・・・・適量

○手順
 1.餃子の皮を幅1.5cm程度の短冊切りにして油で狐色になるまで揚げる
 2.フライパンに☆タネを投入してそぼろっぽくなるように炒める
 3.火が通ったら中華スープを入れて温めた後水溶き片栗粉でとろみをつける
 4.1.に3.をかける

・豚バラのめんつゆ炒め
○材料
  豚バラ・・・適量
  おろししょうが・・・適量
  めんつゆ・・・少量

○手順
 1.豚バラは食べやすい大きさに切る
 2.フライパンに油とおろししょうがを入れて弱火で風味をうつす
 3.豚バラをフライパンに投入、中火にして火が通ったらめんつゆを軽くかける
 4.めんつゆの水分が少なくなるまで炒め煮にする

・貝柱の炊き込みご飯
○材料
  干し貝柱・・・適量
  醤油・・・少量
  米・・・・・適量
 干し貝柱は珍味・つまみコーナーにある干し貝柱を使用
 味付でも問題ないがないほうがよい

○手順
 1.ボールに貝柱と浸るくらいの水を入れて戻す
 2.米を研いで炊飯器に入れる
 3.1.を1時間くらい戻したら貝柱を炊飯器に入れて普通の炊飯目盛りまで戻したときの水を入れる
 4.最後に醤油を入れて炊く
☆貝柱を戻したときの水にも旨み成分がでてるので捨てないように。味噌汁のだし汁にも使えるので余ったらそちらへ

・アジア風冷やしぜんざい
○材料
  タピオカ・・・適量
  ココナッツミルク・・・適量
  ゆで小豆缶詰・・・適量

○手順
 1.乾燥タピオカをゆでて戻す
 2.ボールに小豆缶詰を入れてココナッツミルクでなめらかになるまで混ぜる
 3.タピオカを入れて冷蔵庫で冷やす


以上、大まかな男の料理です

2009年8月19日 (水)

そういえばやり忘れていた。料理だ

4月と5月にやった飲み会の料理
レシピ作る約束を忘れてた

4月分 テーマは鶏肉
・キャベツのナムル
○材料
  キャベツ・・・適量
  すり胡麻・・・適量
  調味液
    胡麻油・・・適量
    おろしにんにく・・・少量
    塩・・・少量
    醤油・・・少量
○手順
 1.キャベツはざく切りにしてやわらかくなるくらいにレンジでチン
 2.ボウルに調味液を入れ、暖かいキャベツを入れて和える
 3.冷蔵庫で冷やす
 4.食べる前にすり胡麻を散らして完成

・キャベツのドレッシングマサラ
○材料
  キャベツ・・・適量
  塩・・・・適量
  ドレッシングマサラ・・・適量
○手順
 1.千切りにしたキャベツに塩を振りしんなりさせる
 2.キャベツにドレッシングマサラを混ぜて完成
☆ドレッシングマサラとはノンオイルタイプのテーブルスパイス
http://liu.heteml.jp/test/bonga/netshop/s_masara.html
にて通販できます

・蒸し鶏
○材料・手順
 1.鶏ムネ肉をレンジで火が通るまでチン
 2.やけどしないようにボールに水を貼り、こまめに冷やしながら手でほぐして完成
 ☆レンジ料理の初歩の初歩。ポン酢か胡麻だれ(ドレッシング)をかけていただく

・筍の土佐煮
○材料
  筍・・・適量
  鰹節・・・適量
  水・・・適量(鍋の中で筍がかるく浸る程度)
  みりん・・・少量
  醤油・・・・少量
○手順
  1.筍は食べやすい大きさに切って鍋に入れる
  2.鍋に水と鰹節を入れ、筍を煮つつ出汁をとる
  3.沸騰したら一旦火を止めてみりん、醤油を入れて中火で少し煮詰める
  4.水分が少なくなるまで煮詰めると冷ますを繰り返して完成(余裕があれば1時間くらい)
 ☆和食においてめんつゆは万能調味料。麺類だけでなく吸い物や煮物が楽になります
   めんつゆを使用する場合は出汁をとる鰹節を少なめにして、3.のタイミングでめんつゆ
   食べる前に鰹節を追加でもOK

・韓国風鳥の唐揚げ
○材料
 鶏モモ肉の唐揚げ・・・適量
 白髪ねぎ(長ネギでも可能)・・・白いところを適量
 タレ 
   ゴマ油・・・少量
   ケチャップ・・・適量
   酢・・・適量
   おろしにんにく・・・少量
   コチジャン・・・・適量
   レッドペッパー・・・少量
   みりん・・・少量
   砂糖・・・・少量
☆今回は市販の惣菜の唐揚げを使用。揚げるの面倒だし
○手順
 1.にんにくとゴマ油を中火で熱し香りを出す
 2.タレの材料を入れて弱火で混ぜ合わせる
 3.フライパンにレンジで温めた唐揚げを投入してタレを絡める
 4.皿に盛り付けて千切りにしたねぎを掛けて完成
☆砂糖の変わりに水あめを使うとランクが上がります

・筍と鶏肉のバター醤油ソテー
○材料
 鶏モモ肉・・・・適量
 筍・・・適量
 バター・・・適量
 醤油・・・・適量
 塩・・・適量
 ウメ昆布茶の粉末・・・適量
○手順
 1.筍と鶏肉は一口大に切る。さらに鶏肉は塩とウメ昆布茶の粉末をまぶして下味をつける
 2.フライパンで炒め、火が通ったら溶かしバターに醤油を混ぜた物を入れて絡める
 3.水分が飛んだくらいに皿に盛り付けて完成

・洋風親子丼 ~忙しい人のためのオムライス~
○材料
 鶏モモ肉・・・適量
 たまねぎ・・・適量
 ケチャップ・・・適量
 コンソメ・・・適量
 卵・・・・適量
 米・・・・適量
○手順
 1.コンソメライスを炊く。水と一緒にコンソメを入れる以外は普通の炊き方でOK
  だいたい1合に対し固形なら2個、顆粒なら大さじ1と1/2くらい
 2.一口大よりもちょっと小さめに切った鶏肉とみじん切りのたまねぎをフライパンで軽く焼く
 3.鶏肉が軽く浸る程度の水とコンソメを入れて沸騰させる
 4.ケチャップを入れて全体に伸ばし、弱火で鶏肉を煮る
 5.水分が少し飛んだくらいで溶き卵を入れてとじる
 6.丼にコンソメライスを盛り、上から卵とじをのせる。完成

・いちごババロア
○材料
 いちごジャム
 ゼリエース
 生クリーム
 お湯
☆今回は苺ウォッカを作成したときにできた苺を使いジャムにした
○手順
 ゼリエースの裏に書かれている手順で作成して完成。超投げやり

まずはこんなところで

2008年12月 8日 (月)

冬の料理講座 ~鍋と年越しそば

ふと思い立ったので料理講座。

○山形式白菜鍋
 鍋を模索しておられる人へ
 白菜鍋お勧め。
 材料
   白菜・・・・・適量
   豚肉・・・・・適量
   酒・・・・・・・コップ半分
   水・・・・・・・適量

 作り方
   1.白菜・豚肉を食べやすい大きさに切る
     なお、豚肉は豚バラが好ましい。なければほほ肉など脂が出る部位にすること
   2.鍋にコップ半分くらいの水を入れる。鍋のそこに少し水がはるくらいでOK
     そこに白菜→豚肉→白菜と層になるように敷き詰めていく
   3.ふたをして、弱火で10~15分煮る。そこの白菜が焦げ付かないように時々箸で底のほうを動かす
   4.沸騰して、白菜から水分が出てきたら酒コップ半分を入れてふたをし、中火にして10~15分さらに煮る
     中間くらいで一度だけ底のほうの白菜を上に来るようにひっくり返してもよい
   5.出来上がり。ポン酢に鍋の白菜汁をまぜ、薬味に大根おろしやしょうがを入れて食す

 白菜鍋というのは一般的な料理であるが、一応これ漫画めし。
 柳沢きみおの「大市民」シリーズの定番料理で、山形式というのは主人公の山形鐘一郎にちなんだものであります。
 

○年越しそば
 年越しそばをこれから作る人も多いと思いますが、市販のそばでも手間をかければレベルが上がります。
 
 1.鍋は大きめの鍋、多めの湯でゆでる
 2.火にかける際に、火を鍋の中心から少しずらして、対流を作りやすくする
 3.ゆでてるときに箸で強くかき混ぜない。自然の対流に泳がせるくらいがよい
 4.ひとつの鍋に時間差でそばを入れない←ここ重要
 5.茹で上がったら一度水で洗って表面のぬめりを取る。
 6.つゆは市販の濃縮タイプでかまわないが、絶対に沸騰させない←ここ重要
   あったかいつゆを使う場合は、鍋にお湯とつゆをいれて沸騰させないように温めるか、あらかじめ温めたお湯を器でつゆと混ぜるようにすること
(吸い物や味噌汁など和食の汁物は沸騰させると風味が飛ぶのでやってはいけない)

全部やれればいいけれどもこのうちいくつかに気をつけるだけでOKです。


たまにはレシピとかあげてみるかなぁ

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ